債務整理をした後の事を考えよう

借金をする時は、借りる事をゴールとして設定してしまっている人もいます。
しかし本来はその後の返済の事まで考えてからお金を借りなければいけません。
借金返済の管理が出来なくなって行くと、次第に多重債務に陥ってしまう事があります。
自力で何とかできれば良いのですが、どうしようもなくなってしまう事も有ります。
その時の解決策の一つが債務整理です。
今ある借金を減額して返済したり、返済自体を免除してもらう事が出来ます。
この存在は良く知られている為、借金でどうしようもなくなった人の中にはこの手続きをする人は少なくありません。
自分で手続きもできますが、弁護士などに相談する方がスムーズに終える事が出来ます。
また同時に過払い金請求を行う人もいます。
ただ、債務整理に関してもやはり手続きを終える事をゴールとして設定してしまう人がいるのが現状です。
しかし減額してもらった場合はその後も返済する必要があるし、何よりこの方法を選択した場合はブラックリストに登録されるのでその後7年程度は新規借り入れやクレジットカードの発行が出来なくなります。
勿論、7年位過ぎれば新規借り入れができます。
しかしお金の使い方を間違えると、再び多重債務に陥る可能性も否定できません。
今の事だけを考えて債務整理を行うのではなく、今後の自分の事を良く考えてこの手続きは行いましょう。
債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などの手段があります。

自己破産の記事を読む