債務整理のメリットとデメリット

債務整理という救済制度

返済苦に陥った債務者を救済するための制度に債務整理があります。
利息分を免除する任意整理・特定調停、借金を5分の1または100万円まで減額する個人再生、借金を全て免除する自己破産の4つがあり、これらをまとめて債務整理と呼んでいます。
債務者の救済制度なので利点が多い方法ですが、もちろんメリットばかりではなくデメリットも存在するため、内容を理解して検討しましょう。

債務整理のメリット

債務整理の一番のメリットは、返済苦から解消されるという点でしょう。
借金を整理して、返済が残る場合は新たに返済計画を練り直し無理なく返していくことができますし、返済が免除された場合はそのまま生活を再スタートすることができます。
その他、どの方法を選ぶかでメリットは変わりますが、一番利点が多いのは任意整理だとされています。
また、そういった点から任意整理は利用率が最も多い整理方法にもなっています。

債務整理のデメリット

債務整理の一番のデメリットは、整理終了から5年~10年は新たな借り入れ契約ができないという点でしょう。
キャッシングのみならず、その他の各種ローン、クレジットカード、携帯電話の分割払いも利用できません。
ただ、5年~10年経てば再度申し込みをすることはできるので、一生のリスクにはなりません。
また、その他にデメリットも、どの整理方法を選ぶかで変わります。
例えば、自己破産はマイホーム、土地、預貯金などの財産を失うため、守りたい財産があるのなら任意整理、特定調停、個人再生のいずれかを選択したほうが良いでしょう。

早急な決断が必要

返済は待ってはいくれないので、躊躇している間にどんどんと借金がかさんでいってしまいます。
そのため、債務整理は早急に進めることがおすすめされます。
本来は法律家に依頼して手続きを行ってもらうものなので、整理方法も法律家に相談して決めるのが得策です。
よって、基本的な知識くらいは持っておきたいですが、悩んだら早急に弁護士または司法書士に相談をするのがいいでしょう。