債務整理のタイミングは自分で決める

債務整理は周りが勧めてくれることはない

借金というのは放置しておいて、返済を免れることはできません。
返済が厳しい状態になっても、貸金業者が債務整理を勧めてくれることはないのです。
今後の返済状況については自分で見極めて、完済が無理だと判断したら弁護士や司法書士などの専門家に相談しましょう。
弁護士は自己破産、個人再生などの方法も得意としており、幅広いテクニックを駆使できます。
確実に無難に整理したいならば、少々依頼料が高くても弁護士に依頼するべきでしょう。
任意整理、過払い金請求などについては司法書士も得意としているので、実績が豊富な専門家に頼みましょう。

債務整理をして困ることは少ない

債務整理が躊躇される理由は、ブラックリストに登録されることが怖いからなのです。
多くの方は債務整理の経験がないため、永久にローンを利用できない、会社をクビになる、家やクルマを失う、近所の人たちに知られる、などと考えています。
こうした悪いイメージはテレビドラマの影響で受け付けられているようですが、実際にはデメリットは小さいのです。

ブラックリストに登録されると?

債務整理をすると必ずブラックリストに登録されますが、これは個人信用情報に金融事故情報が登録されるものです。
ブラックリスト、または返済に遅延した情報などであり、事故情報に登録されるとローンの利用はできません。
ただし、永久的に借りられないわけではなく、約5年間という期限付きなので、5年経過後は借りることができるのです。
5年間の間は現金で生活設計することになりますが、これは慣れると意外と苦にならないものです。

債務整理から逃げては借金は解決しない

弁護士に相談しようと考えている人は、すでに相当に借金額が大きくなり、利息の支払いにも困っている状況でしょう。
利息の支払いができないならば、ローンの完済は永久に不可能となります。
元金を減らそうとしても、元金充当額がゼロならば借金は1円も減っていないことになります。
返済が無理だとわかったら、債務整理を覚悟して弁護士に相談してみましょう。
早く相談するほど解決策も多く、弁護士費用を抑えることにつながるのです。